和傘

和傘・番傘は、竹を材料にし作製した骨組みに、和紙を張り防水を施した傘のことをいいます。

中国からの輸入品目として伝来しましたが、当時のものは開閉できない天蓋(てんがい)と呼ばれるものでした。
その後、時を経て、日本独自の技術により、室町時代の頃には、現在と同じ用途で使用される和傘・番傘の形となりました。
江戸時代においては、各地に普及をしはじめ、店の屋号を傘に明記することによって、宣伝を行うことなどに使用されておりました。

現在、職人の数も減りましたが、京都では舞妓さんや芸妓さんに変わらずお使いいただいております。また、旅館・料亭の、送迎時やインテリアとして使用されており、店舗には、竹と和紙でできた和傘の姿に興味を持って来られる、若いお客様が増えてきています。

雨の日にほんの少し人目を感じながら、心地よい和傘の雨音に心癒される、そんなひと時はいかがでしょうか。

商品一覧

蛇の目傘 ¥77,000

『艶消し蛇の目』は、持ち手の柄竹には黒竹を、傘を止める部品は木を用い、古くからある和傘の仕様を復活しました。 また、傘の骨に塗る漆は艶消しの黒を用いました。これまでの艶のある漆ではなく深みと落ち着きのある風合いは、傘を開いた時の粋な風情をより引き立てます。

在庫切れ
蛇の目傘 ¥99,000

蛇の目傘 ¥88,000

和傘用に手漉きされた京都黒谷の強靭な雲竜紙を辻倉の職人が手塩に掛け完成した、丈夫さと美しさを兼ね備えた最強の逸品です。

¥71,500

「日本古来より脈々と受け継がれてきた伝統と文化を守り、後世に伝えたい」そんな思いをもって日々製作に励 む「和紙職人」と「和傘職人」 二つの伝統工芸が合わさり、多くの工程を経て黒谷の和紙は美しい本物にこだわった番傘が出来上がりました。 「京都 黒谷和紙」×「京都和傘屋辻倉」の極上の逸品をお届けいたします。 [caption id="attachment_21122" align="alignnone" width="328"]京都黒谷和紙の特選番傘 黒谷雲竜 白虎[/caption]

蛇の目傘 ¥88,000

京都の黒谷和紙とのコラボレーションより完成した『黒谷雲竜紙』の和傘です。 黒谷の紙づくりの技法は京都府無形文化財に指定されており、良質な楮を原材料とした手漉きの和紙は丈夫で和傘にも適しております。 和傘用に手漉きされた黒谷の雲竜紙を辻倉の職人が手塩に掛け完成した逸品です。 [caption id="attachment_18195" align="alignnone" width="432"]京都黒谷和紙で仕立てた蛇の目傘です。 京都黒谷和紙で1枚1枚手で漉いた雲竜紙を使用しています。[/caption]

まもなく完成予約受付中
在庫切れ

和傘

京玄

蛇の目傘 ¥28,600

在庫切れ

和傘

京黄金

蛇の目傘 ¥28,600

蛇の目傘 ¥74,800

蛇の目傘 ¥74,800

在庫切れ
番傘 ¥41,800

漆黒色の男前な番傘です。がっしりとした風貌が魅力の黒の番傘です。

お茶席に
日傘・舞傘 ¥154,000

野点(のだて)とは、屋外(野)で茶を点(た)てて楽しむことです。 屋外で行われる茶会である野点は、 茶室の中で行われるしきたりを重視した堅苦しい茶会ではなく、 自然の美しさを楽しみながら茶を楽しめることから人気の茶会で、 日本庭園や景色の美しい公園などで頻繁に行われています。 野点は約500年以上前に豊臣秀吉によって行われた九州平定の際に、 同行した千利休が野外で茶を点てたことが始まりだと言われています。 同年茶人のノ貫(へちかん)が朱色の野点傘を立てて茶室を演出したことで 茶会を催した秀吉を喜ばせ、それ以降野点傘は野点に欠かすことができないものとなりました。 戦国時代が終わり江戸時代に入ると、野点は益々盛んに催されるようになり野点に欠かすことができない紅色の緋毛氈や野点傘の需要は高まります。 現在では、観光地の茶屋の装飾として広く用いられると共に宮中茶会に代表される野点にも野点傘は用いられ続けています。 ※在庫のない場合は、ご注文いただいてから製作します。手作りのためお納めまで約1~3カ月を要します。 お届けまでにお日にちいただきますが、お客様に満足いただけるよう丹精込めて製作いたします。 別誂えとなりますがお色の指定も可能です。(黒、黄色、紺色、等) ※画像の傘立ては別売りです。 予約ご希望のお客様はお電話または、LINEのお友達登録をいただき、お名前と『野点傘二尺五寸:予約希望』のコメントをお送りください。改めて辻倉よりお返事させていただきます。 ・京都店舗TEL:075-221-4396 友だち追加 仕様:日傘/装飾用 ※和紙の強度を高めるために油引きをしていますが、 雨の日に使用するための加工ではありません。 素材:手漉き黒谷和紙/朱色染 色:朱 骨:竹 60本 柄(中棒):木(金彩黒漆) ハジキ(止具):金属製 内側飾り糸:六段飾り(手元含む)緑、赤、黄、紫、白 全長:218cm(内、継柄部分:108㎝) 直径:177cm 傘の長さ:97㎝ 重さ:約3,300g  

お茶席に
日傘・舞傘 ¥121,000

野点(のだて)とは屋外(野)で茶を点(た)てて楽しむことです。 屋外で行われる茶会である野点は、 茶室の中で行われるしきたりを重視した堅苦しい茶会ではなく、 自然の美しさを楽しみながら茶を楽しめることから人気の茶会で、 日本庭園や景色の美しい公園などで頻繁に行われています。 野点は約500年以上前に豊臣秀吉によって行われた九州平定の際に、 同行した千利休が野外で茶を点てたことが始まりだと言われています。 同年茶人のノ貫(へちかん)が朱色の野点傘を立てて茶室を演出したことで 茶会を催した秀吉を喜ばせ、それ以降野点傘は野点に欠かすことができないものとなりました。 戦国時代が終わり江戸時代に入ると、野点は益々盛んに催されるようになり野点に欠かすことができない紅色の緋毛氈や野点傘の需要は高まります。 現在では、観光地の茶屋の装飾として広く用いられると共に宮中茶会に代表される野点にも野点傘は用いられ続けています。 ※在庫のない場合は、ご注文いただいてから製作します。手作りのためお納めまで約1~3カ月を要します。 お届けまでにお日にちいただきますが、お客様に満足いただけるよう丹精込めて製作いたします。 別誂えとなりますがお色の指定も可能です。(黒、黄色、紺色、等) ※画像の傘立ては別売りです。 予約ご希望のお客様はお電話または、LINEのお友達登録をいただき、お名前と『野点傘二尺五寸:予約希望』のコメントをお送りください。改めて辻倉よりお返事させていただきます。 ・京都店舗TEL:075-221-4396 友だち追加 仕様:日傘/装飾用 ※和紙の強度を高めるために油引きをしていますが、 雨の日に使用するための加工ではありません。 素材:手漉き黒谷和紙/朱色染 色:朱 骨:竹  本 柄(中棒):木 ハジキ(止具):金属製 内側飾り糸:五段飾り 全長:218cm(内、継柄部分:108㎝) 直径:145cm 傘の長さ:83㎝ 重さ:約2800g  

もよう和傘

特選蛇の目柄 薄桜

蛇の目傘 ¥55,000

【蛇の目柄】は、古来よりある伝統的で格調高い模様の和傘で、白い輪が印象的なデザインです。薄桜は、優しい桃色の蛇の目傘です。

在庫切れ

和傘

京紫

蛇の目傘 ¥28,600

蛇の目傘 ¥49,500

水色地の花手毬模様に軒の光悦茶色が、この和傘をより可愛らしく優しい雰囲気に仕上げました。 手毬柄には、「子供が丸々と育つように」「何事も丸くおさまるように」という意味があります。

蛇の目傘 ¥74,800

もよう和傘

特選蛇の目柄 椿

蛇の目傘 ¥55,000

New
日傘・舞傘 ¥29,700

千利休が好んだといわれる梅もよう。梅の木の成長の早さや忍耐力、あるいは生命力の強さから子孫繁栄の象徴とされ、また新春を代表する吉祥文様とされています。 梅模様が全面に広がる和日傘

New
日傘・舞傘 ¥29,700

京友禅和紙を使用した、可愛らしい梅小紋の和日傘です。 日差しの下では、梅小紋の模様が透けて見えます。 梅小紋もようの和日傘

蛇の目傘 ¥47,300