和傘・番傘の取扱い

和傘の使用方法

和傘を持ち歩く際には頭のほうを握るように持つか、蛇の目傘なら頭についている紐を、番傘なら頭に止めてある革紐をお持ちください。

和傘の開け方

和紙が防水の為の油で開けにくい場合があります。中の手元ロクロの下部を軽く持ち、上に押し上げてゆっくりと丁寧に開けてください。

和傘の寿命

保存状態がよければ、十年前の傘でも使用できます。
雨傘は防水のために油引きをするため、油による硬化作用の影響で、使用するしないにかかわらず、年数が経てば和紙の劣化はさけられません。
パリパリと破れてしまうような状態なら、もうすでに和紙の寿命はなくなっていますで、新しい傘にお取替えください。
なお、日傘・舞傘など油の引いてない傘は、雨傘に比べ和紙の寿命は数倍あるため長持ちいたします。

雨天時に雨傘を使用した場合

雨の日に使用した後は、水切りをした後に、傘を中開き、または全開にし、日陰に干してください。
※雨で濡れた傘を布でふき取りますと、和紙をいため、劣化を早めることになります。
乾いたら傘はゆるめに閉じ、風通しのよいところにお仕舞いください。買ったばかりの状態で、締輪(形を整えるための輪)も外さずしまい込んでしまうと、傘の寿命を短くします。締輪をはずし、傘をゆるめて、風通しのよい所に保管してください。

張替えや修理について

張替えをする為には、まず、つなぎ糸が切れていない事、骨が折れていない事が前提となります。
その上で、漆・和紙・糊を、骨に傷をつけないようきれいに剥がし、張替えにかかります。このはがす作業がとても大変で手間がかかります。新しい傘をご購入いただくことをお勧めします。
ただし、どうしても修理して残しておかなければならないような傘の場合はご相談ください。
現物を拝見した上で、ご相談に応じます。
和紙が破れた場合、状態によって修理方法は異なります。修理の方法は色々ありますが、和紙の種類や色を合せることは不可能です。ただ、お問い合わせの多くは、紙の寿命がすでになく、修理されるより購入されたほうがよいと思われる場合が多いです。骨が折れている時も修理不可能です。
傘は開くが、止具が引っ込んでしまい、傘が閉じてしまう場合、止具(ハジキ)が不良です。修理は可能です。
丁寧にお取り扱いいただきますよう、お願いいたします。また、何かお困りの時はご連絡ください。