和傘と番傘の違いって?

和傘と番傘が違うものとして思われることも多いですが、もともと番傘は和傘の一種となります。
番傘は、素材の竹と和紙の良さを生かした、がっしりとした骨太で丈夫な作りが特徴的な和傘です。

和傘

古くは中国で、開閉できない傘として天蓋が発明され、日本に伝わりました。
室町時代には、和紙に油を塗ることにより、防水効果のある雨傘として普及しました。またこの時期に開閉ができるようになり、今の和傘の形になりました。
和傘の種類には、番傘、蛇の目傘、日傘・舞傘があります。

番傘 (雨傘)

和傘の一種です。柄(え)は竹で作られ、素材の竹と和紙の良さを生かした、がっしりとした骨太で丈夫な作りになっております。
江戸時代に生まれ、庶民の間で、広く好んで使用されてきました。
飾り気がなくシンプルさが魅力の和傘です。
辻倉では手書きでお店の屋号等をお書きしており、旅館や料亭などでもご愛用いただいております。

蛇の目傘 (雨傘)

和傘の一種です。柄(え)は木棒で作られ、持ち手部分には籐を巻いています。和紙の色柄が豊富で、実用はもとより、インテリアに使っても楽しいものが多くなりました。
内側に飾り糸を施しており、差す人の目に嬉しく、美しい和傘です。
色とりどりで細身の蛇の目傘は男性女性問わず、お使いになっていただけます。

日傘・舞傘

和日傘は番傘や蛇の目傘とは違い、防水加工をしていませんが、和紙本来の色、型染めされた模様を楽しんでいただけます。明るい陽射しは和紙を通して優しい光に変わります。
また、絹舞傘は本絹を使用している透明度の高い舞踊用傘です。その上品に透き通る魅力から、インテリアとしても人気がございます。
雨にはご使用いただけません。

辻倉からのご提案 ~和傘を心に残るひと品に~

辻倉では和傘・番傘に名前を入れるサービスをしております。
傘寿のお祝いや大切な方への贈り物として、また自分だけの一本にしてはいかがでしょうか。