京都の花街~舞妓さん芸妓さんと和傘~

現在の京都には,祇園甲部,宮川町,先斗町,上七軒,祇園東の花街があり、これら五つの花街を総称して「五花街」と呼ばれています。
芸妓や舞妓が舞・踊りをはじめとした数々の伝統伎芸により心のこもったおもてなしをする文化が連綿と受け継がれ、京都の伝統文化が大切に守り続けられているまちとして、京都の花街は,おもてなし文化の一大中心地として栄えてきました。

京都の花街には,伝統伎芸をはじめとする伝統文化とおもてなしの文化が凝縮しており,本物へのこだわりを大切にしながら育まれたその華麗で洗練された文化は,日本国内からだけでなく,海外からも高い評価を受けています。

芸妓さんや舞妓さんを引き立てる髪型やきもの,三味線や笛などの邦楽器,さらに,舞台や座敷を飾るしつらえなどに
は,髪結い師,着付師のほか,きものや帯,かんざしなどを作る伝統工芸の職人の「技」が凝縮している。職人の手から手へと受け継がれてきたこれらの「技」は,花街をはじめ京都の雅な文化の中で洗練され,精緻を極めてきました。
辻倉の和傘もそのうちの一つとして、舞妓さんには京紅色の蛇の目傘、芸妓さんになると紫色を始め好みの蛇の目傘をさされています。

和傘をさす京都の舞妓
和傘をさす京都の舞妓
和傘をさす京都の舞妓
和傘 名入れ

舞妓さん、芸妓さんがお茶屋さんへ出られる時、同じ蛇の目傘を間違う事がないようにと、蛇の目傘に名前を入れるようになりました。
このように花街では,至るところに京都の多彩な伝統工芸を見ることができ,高い技術を誇る京都の伝統工芸が花街の文化を支えていると言えます。「京・花街の文化~いまも息づく伝統伎芸とおもてなし」は,“京都をつなぐ無形文化遺産”に選定されています。(京都をつなぐ無形文化遺産より)

こちらのページで使用された傘

蛇の目傘 ¥74,800

古来から伝統的な三日月模様の和傘です。和傘の開閉を調節する止め具部分も木製仕様。 竹、手漉き和紙、木を主な原材料として時間をかけ仕立てた辻倉人気の商品です。

在庫切れ

和傘

京紅

蛇の目傘 ¥28,600

在庫切れ

もよう和傘

特選蛇の目柄 椿

蛇の目傘 ¥55,000

電話注文商品

商品紹介

日傘・舞傘 ¥57,200

和傘用に手漉きされた京都の黒谷和紙を辻倉の職人が丁寧に仕立てた、丈夫さと美しさを兼ね備えた和日傘です。

在庫切れ

和傘

京紅

蛇の目傘 ¥28,600

蛇の目傘 ¥49,500

水色地の花手毬模様に軒の光悦茶色が、この和傘をより可愛らしく優しい雰囲気に仕上げました。 手毬柄には、「子供が丸々と育つように」「何事も丸くおさまるように」という意味があります。

在庫切れ
蛇の目傘 ¥74,800

新色
在庫切れ
蛇の目傘 ¥74,800

『風月』心地よい風と美しい月をイメージした蛇の目傘です。傘の内側には、傘の色に合わせた糸飾り。 熟練技術者の持つ、高度な技術を継承し仕立てられた月奴模様は、細部にわたる細やかな手仕事により時間をかけて1本1本製作しています。 外側からも、内側からも持つ人の心を魅了します。