京都府無形文化財「黒谷和紙」 × 日本最古の和傘屋「辻倉」

「日本古来より脈々と受け継がれてきた伝統と文化を守り、後世に伝えたい」そんな思いをもって日々製作に励んでいる「和紙職人」と「和傘職人」二つの伝統工芸が合わさり、本物にこだわった和傘が出来上がりました。

京都府綾部市黒谷町、周りを山に囲まれ、黒谷川から清らかな水が流れる山里。
京都に古くからある和紙を使って、和傘を作りたい。という思いを胸に黒谷和紙の里を訪ねました。

川沿いの道を歩いていると、カッタンコットンと和紙を漉く音が聞こえてきます。
紙づくりの産地として800年も続いてきた要因には、
この豊かで清らかな水や冬の厳しい寒さなど紙づくりに適した環境がありました。

黒谷はその文字のとおり谷間にあって、農地がとても狭く、
日照時間も少ない集落です。
およそ800年前、戦に敗れた平家の落武者が追手を逃れ
山里に隠れ住み、生活の糧としてはじめたと言われ、昔から村のほとんどの住民が紙に携わる、紙すきの里として栄えてきました。

良質な楮(こうぞ)を原材料として、原料の処理から加工までを
すべて手作業で行うことにより、黒谷和紙は丈夫な紙となります。

特に紙漉きの工程は「手漉き」(てすき)にこだわり、
職人の手で1枚1枚、しっかりと漉き上げています。
黒谷和紙は丈夫で強く、長持ちするのが特長です。

近年では紙づくりに携わる黒谷の住民は
少なくなってしまいましたが、時代の変化や新しいニーズに対応し、
技術を磨きいてきた先人に習い、伝統を守り継いでいきます。
1983年(昭和58年)には、その技法が京都府無形文化財に指定されました。

その希少な「黒谷和紙」の美しさからは
想像を超える製作工程の厳しさを知り、
それでもなお、「黒谷和紙」を守り育てていく。
という使命感は辻倉の和傘に対する思いと重なり、
「黒谷和紙」×「京都和傘屋辻倉」のコラボレーションが実現しました。

黒谷の手漉きの和紙を受け取り、辻倉の職人が
1本の和傘に仕立てます。
和傘製作は、細かく分けると100を超えその多くが手作業のため、完成までに大変時間を要します。
数ある工程の中でも和紙を骨組みに張っていく『張り』は
和傘らしい姿を作る点で、大変重要な工程の一つです。
和傘の骨組みとなる骨に、部分ごとに様々に紙を張り分けますが、それらの工程には表からは見えませんが、傘を正常に開閉させるための極めて重要な作業となります。








多くの工程を経て黒谷の和紙は美しい蛇の目傘に仕上がります。

※下記より商品ページ含む
特選「黒谷雲竜紙」白虎 ¥88,000(税込)

「黒谷和紙」は一枚一枚すべて職人の手仕事で作られる大変希少な和紙です。
丈夫で長持ちするのが特徴で、長期の保存にも耐えられることから文化財の修復などにも使われています。
その希少な黒谷の雲竜紙を辻倉の熟練の職人が時間をかけて丁寧に蛇の目傘に仕立てました。

◇ 魅力のひとつひとつ  -感じる和傘-
・持ち手の柄には、女竹(めたけ)を使用しています。手で握った時の感触、滑らかで、手になじみます。
傘を閉じた姿はもとの1本の真竹の細身で美しい姿になります。
・日にかざすと透けて見える雲竜紙の楮(こうぞ)。
 雲竜紙とは手でちぎった楮(こうぞ)の長い繊維を地紙に散らせて雲のような模様を表している紙を雲竜紙
 と呼びます。
・時間の経過と共に変化する和紙の色味。
 防水仕上げに亜麻仁油、えごま油等の植物性油を引いています。その油の特性により、年月を重ねること
 少しずつ少しずつ白色の和紙は薄黄色から亜麻色へと色づいていきます。その色の変化の過程、これもこの
 和傘の楽しみのひとつです。
・傘を開く時に聞こえる、畳まれていた和紙がひとつひとつ離れていくパリパリとした音。
・傘の開き具合を決める止め具には、金具ではなく木でこしらえたハジキを付けました。
 カチッという木のハジキの音、心地よい響きです。

「京都 黒谷和紙」×「京都和傘屋辻倉」の極上の逸品をお届けいたします。



京都の無形文化財に指定された京都の黒谷の手すき和紙と真竹を材料として」製作した大変丈夫な黒谷和紙の白色の蛇の目傘



京都の黒谷和紙とのコラボレーションにより完成した極上の白の蛇の目傘






京都の黒谷和紙とのコラボレーションにより完成した極上の白の蛇の目傘



京都黒谷和紙で仕立てた蛇の目傘です。





仕様:雨傘
素材:京都黒谷雲竜紙、防水仕上げ
色:白
飾り糸:白
骨:真竹 44本(透仕上げ)
柄(中棒):女竹
ハジキ(止具):木
頭紙(カッパ):防水二重布(白)
全長:74cm
直径:105cm