梅雨の楽しみ

“梅雨”

6月ごろに降り続く長雨のこと、またその頃の季節。梅の実が熟す季節のため梅雨と言われています。
じとじととしてうっとうしく思ってしまいがちですが、草木を潤し、作物を育む雨です。

雨が降ってくると、子どもの頃、長靴を履き、レインコートを着て、わざと水たまりを歩いたりして、なんだかワクワクしたことを思い出します。

大人になった今、雨の匂いを感じ、雨音に耳を傾けながら蛇の目傘をさして歩くと、

和紙を通した雨音が奏でる独特のメロディー。
どこか安らぎを感じる和紙を通した柔らかな光。
防水のために塗られた油と骨に施された漆の香り。
整然と放射線状に広がる骨組みの竹の美しさ。
蛇の目傘の傘骨に施された「かがり糸」の繊細さ。

竹と和紙で作られた昔ながらの和傘が心の和らぎを与えてくれます。
大人になって味わえる贅沢が和傘にはあります。



梅雨にお勧め商品

型染 赤地に花菱


上番傘 軒奴 黒


軒かざり 黄金地に蔦もよう


辻倉オリジナルブランド 極み 松葉


ギフト包装、熨斗承ります。


布製傘袋をお付けしています。


辻倉の贈り物

辻倉の和傘は大切な方への贈り物として、また、海外の方へのお土産や贈り物としても大変お喜びいただいております。
こだわりのギフト包装で大切にお届けいたします。

辻倉のオリジナルボックスと包装紙

和傘専用のオリジナル化粧箱に黒色の包装紙でお包み致します。和傘の彩りをより引き立て、箱を開けた時の喜びを感じられるシンプルな包装にこだわりました。

和柄の傘袋プレゼント(無料)

和傘をご注文頂いた全てのお客様に、和傘専用の和柄の傘袋をプレゼント致します。
和柄にはそれぞれ縁起の良い云われがあります。例えば、青海波(せいがいは)柄は、大海原の穏やかな波の様に、いついつまでも穏やかな暮らしが続きますようにと願いが込められています。

色とりどりの傘袋
和傘 傘袋 可愛らしい和布の傘袋

※画像の柄は一部です。柄については、お選びいただけませんので予めご了承ください。

名入れ(6文字まで¥500)

京都の舞妓さん、芸妓さんには名入れをしてお届けさせていただいています。
ご希望のお客様に手書きで名入れを致します。

―より一層、お客様だけの特別な一本に。―

和傘 名入れ
和傘 名入れ

熨斗紙(ご希望に応じて無料)

ご進物の際に使用する日本の伝統的な熨斗紙。
辻倉ではご希望のお客様にご用意させて頂きます。

辻倉 ギフト包装と傘袋
ギフト包装 黒いシンプルな包装

和傘が慶びのお手伝いを
させて頂ける最高の瞬間

赤 和日傘 着物姿の女性 桜もよう
赤い蛇の目傘と女性 赤 和傘 海外の女性と赤い蛇の目傘
番傘 家紋を手書きでしるし入れ 軒奴 着物姿の男性
子どもと和日傘 七五三と和日傘
着物姿の女性と和傘 からし色と黒 蛇の目傘
番傘 ぱん士郎 しるし入れ

商品一覧