四季徒然 ~敬老の日~

2021 年の「敬老の日」は 9 月 20 日(月曜日)です。
「敬老の日」は日本生まれの記念日です。
「お年寄りを大切にし、お年寄りの知恵を生かした村づくりをしよう」という考えのもとで、昭和 22 年に兵庫県多可郡野間谷村で始まりました。
その当時は戦後の混乱期に当たり、子どもを戦場に送った親も多く、心身ともに非常に疲れていました。そうした親らに報いようと当時の村長門脇政夫氏が 55 歳以上の人を対象に敬老会を催しました。
その後、昭 25 年には兵庫県全体に広がり、次第に全国に広まっていきました。
昭和 39 年に「敬老の日」と改称され、昭和 49 年に国民の祝日「敬老の日」となりました。
2003 年からはハッピーマンデーが適用され、それまでの 9 月 15 日から 9 月の第 3 月曜になりました。
従来の 9 月 15 日「敬老の日」が変わることを残念に思う声もあり、新たに 9 月 15 日を「老人の日」とすることが老人福祉法で決まりました。
9 月 15 日から 21 日までの期間を「老人週間」と指定しています。
「敬老の日」は多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、その長寿を祝う日「老人の日」は老人が自らの生活の向上に努める意欲を促す日です。
「昔、お嫁に行くときに「赤い蛇の目傘」をお嫁入り道具の中に入れて持っていったのですよ。」と話してくださるお客様が来られます。
娘の結婚に際して、災いが降りかかりませんように、末広がりの幸せに守られますように。という親の願いがこもった蛇の目傘。
長年のご苦労を労い、末永い健康とお幸せを願って、敬老の日に和傘のプレゼントはいかがでしょうか。お勧めの番傘、蛇の目傘、和日傘を揃えています。

お勧めの和傘