桃の節句~ひな祭りに末広がりの幸せを願って~

ひな祭りの由来は、中国から伝わった「五節句」という行事のひとつ「上巳」。
季節の節目を意味する「節」のころは、昔から邪気が入りやすいとされていました。
五節句のひとつ上巳には、中国では川で身を清める習慣がありましたが、日本では紙などで作った人形で自分の体を撫でて穢れを移し、川に流すことで邪気祓いをする行事として広がっていきました。

一方室町時代には、上流階級の女性たちが人形に色とりどりの衣を着せた「ひいな(=小さくて可愛いもの、の意味)遊び」が流行します。
この人形遊びの文化と桃の節句が、ひな祭りや雛人形として定着していきました。

《五節句》
• 1月7日の「人日(七草がゆ)」
• 3月3日の「上巳(桃の節句)」
• 5月5日の「端午(菖蒲の節句)」
• 7月7日の「七夕(星祭)」
• 9月9日の「重陽(菊の節句)」

おひな様は、赤ちゃんのこれから先に降りかかる災難や、苦しみ・病気などを代わりに引き受けてくれると言われています。
おひな様に災厄をかわりに引き受けていただくことで、これからの赤ちゃんの健やかな成長を願っているのです。

「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、桃は魔除けの効果を持つと信じられていたことに由来。
ひな祭りには、子供に災いが降りかからないようにという家族の願いや、人生の幸福が得られる様にという気持ちを込めて、ひな人形を飾るようになりました。

昔からの言い伝えで、諸説ありますが、 和傘は広げると、末広がりの形から「降り注ぐ困難から守ります」「一つ屋根の下末永く幸せに」という思いも込められ、縁起がいいことから、祝い事や嫁入り道具の一つとしても用いられてきました。

初節句のお祝いに、お子様の幸せを願う贈り物に、お子様のお名前をお入れした姫和傘はいかがでしょうか。

お勧め姫日傘

和傘のインテリア

姫和傘 すすき

¥11,000

和傘のインテリア

姫和傘 松竹梅

¥11,000

松竹梅(しょうちくばい)は、慶事・吉祥のシンボルとして松・竹・梅の3点を組み合わせたもののことで、日本では祝い事の席で謡われたり、引出物などの意匠にも使われてきました。縁起の良い和柄もようのミニチュアサイズの姫和傘は和のインテリアとしてもご使用ただきやすいサイズです。 ※竹製の傘立て、傘袋、化粧箱付き。

和傘のインテリア

姫和傘 真紅

¥11,000

和傘のインテリア

姫和傘 雪柳

¥11,000

和傘のインテリア

姫和傘 雪輪に四季の花

¥11,000

季節の花を全面に描いた友禅柄のミニチュアサイズの和傘です。 ミニチュアサイズは和のインテリアとしてもご使用ただきやすいサイズです。本物志向、記念品、贈り物に最適です。 ※竹製の傘立て、傘袋、化粧箱付き。

和傘のインテリア

姫和傘 麻の葉 黄色

¥11,000

電話注文商品
電話注文商品