〜職人の手仕事〜

和傘製作工程「胴張り」と言う作業をしています。
今回は『蛇の目柄』という伝統的な模様の和傘を製作しています。
その名の通り「ヘビの目」に見えることから由来します。
まずは外側を張りそのあと中側、内側と順に和紙を張っていきます。
繊細でとても時間がかかる技法です。
白の輪がそれぞれの色味を惹きたて凛とした気品を感じる美しい蛇の目傘に仕上げています。